作業・施工事例

北九州市八幡西区 トイレ詰まり

お世話になっております。地元の水道屋さんの山形です。

八幡西区養福寺町で便器が流れなくなったとご連絡いただきました。

便器内に水が溜まりひくまでにかなりの時間がかかり、ペーパー・汚物は便器内に残り流れない状況。

冷蔵庫に貼ってあるマグネット広告を見て業者に先日来ていただいたそうで、便器も古く修理にも費用がかかるからとトイレの交換を勧められ契約し後日工事の予定だそうです。

ただ、ご身内の方に反対されご身内の方が本日はご連絡いただいたようで、トイレリフォームはキャンセルしたとのこと。

トイレ事態は年数も経過していて修理やメンテナンスもしていないのでトイレリフォームを勧められる状態ではあると思いますが、お客様のご意向はなるべく費用は安く抑えたい、引っ越し等も検討中だとのことでしたので相談のうえ修理で対応致しました。

専用の道具で作業するも治らず、最終的には便器を外し詰まり除去。

異物が詰まっていたのでお客さまにもお見せし注意喚起し終了しました。

お客様は異物は流していないと思われている方がほとんどですが、作業してみると異物が詰まっていたということはたまにあります。

わからず間違った作業をしていると詰まりが奥に行き治りにくくなったり、奥の配管にいってかなり大変になることもあります。

なので、集合住宅にお住まいのお客様はある程度修理を自分で試し治らないときは無理せず業者を呼ぶことをお勧め致します。

便器が年数経っているものだと、全国展開している会社や便器交換に注力している会社などは、トイレリフォームの営業マニュアルや研修があるので、上手いことを言われ修理で治るものも交換ということになっていることも多いので、そういうときは即決せず一度地元の水道屋さんにご連絡ください。